ガンマGTPの数値が高いと保険に入れないの?

もしもの時の保険~でもどれを選べば良いの?

「もし病気やケガをしたら、どうしよう」
「もし、自分が死んだら、家族の生活はどうなるのだろう」
といった未来の「もしも」に備えることができるのが、保険です。
でも、保険の種類はたくさんあり、用語も難解です。

 

持病があったり、健康診断結果で要経過観察などの状況では、
自分にあった加入できる保険を見つけるのは、困難です。
そこで、保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのが一番です。

 

ファイナンシャルプランナーに保険の見直し相談をすると、
まず、あなたの希望や、どこが不安で、何を見直したいのかなどを聞いてくれ、
あなたの現状から将来にわたっての、経済的なシミュレーションをしてくれます。

保険相談には、来店型と訪問型がある

では、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するにはどうすれば良いのでしょうか。
ファイナンシャルプランナー(FP)に保険相談するには、来店型か訪問型かのどちらかを選んで下さい。

 

来店型(保険ショップ)保険相談

来店型(保険ショップ)とは、名前の通り、保険を販売しているお店のことを表します。
主に、ショッピングセンターや駅前、商店街など立地条件の良いところにあるので、
買い物のついでに立ち寄ることができ、キッズスペースなども用意されているところが多いので、
子供連れでも安心です。
最近、店舗数も増えて、日本全国に2,000店舗以上あると言われています。

 

訪問型(FP)保険相談

サービスとしては、来店型と同様、複数の保険会社からニーズにあった保険を
専門のFPが選んでくれるところは一緒です。
相談は無料で、保険のことが分からなくても丁寧に教えてくれるところも同じです。

 

来店型と訪問型のメリット・デメリット

来店型と訪問型のメリット・デメリットをまとめましたので、
参考にして、どちらかを選択してください。
 

 

いくらファイナンシャル・プランナーの資格を持っていても、生命保険各社の数多い商品について、
詳細なところまで理解することは非常に難しくなっています。
ファイナンシャル・プランナーの知識にもバラつきが出て、提供するサービスにも良し悪しがあるようです。
生命保険選びのポイントは適切な提案ができ、信頼できるFPに巡り合えるかどうかで決まります。

 

訪問型保険相談には、『保険マンモス』がオススメです。


 

 

 

トップページへ戻る


トップページ サイトマップ