ガンマGTPの数値が高いと保険に入れないの?

保険マンモスをすすめる理由

保険マンモスについて、Q&A形式で説明します。
これで私が、保険マンモスをすすめる理由がお分かりいただけると思います。

 

保険マンモスって、どんな会社ですか?

.保険マンモスの古川徹社長は、元々ソニー生命の保険営業マンでした。
しかも、約4000人の営業マン中、年間コンテストである「社長杯」を7年連続受賞したほどのキレ者。
そんな彼が2005年に立ち上げた会社が保険マンモスです。
古川社長が、起業当社から変わらない想い(目指すもの)は、次の3つ。
  (1)「お客様」と「保険会社」双方がストレスなく保険が流通するしくみをつくりたい!
  (2)保険加入者にとってよりお得な「隠れた良い商品」を、もっと広く普及させたい!
  (3)「複数の保険会社を扱える」独立系のプロFPがいることを広く知らしめたい!

保険相談の実績はありますか?

創立10周年を迎え、保険相談としては老舗です。
クチコミ満足度96%以上の結果、申込件数が20万件突破しました。

保険相談は、どうして無料なのでしょうか?

保険マンモスは、生命保険会社、提携代理店、提携FPから手数料をもらっています。
また、広告手数料などもあり、保険相談は一切無料にできます。
保険相談だけでなく、保険契約後のアフターフォローも含めてすべて無料です。

紹介してもらうFPはどんな人ですか?

保険マンモスの提携FPは、豊富な実績とノウハウをもつベテランのみを厳選しています。
保険マンモスが提携しているFPが他社と違うのは、次の3点です。
 1.複数の生命保険会社の保険商品が扱える
  特定の保険会社に属していない独立系のFPなので、特定の商品に偏ることはありません。
  死亡保険はS生命、医療保険はA生命などと各生命保険会社お保険商品のいいとこどりを
  した保険プランが提案できます。
 2.生命保険の実務経験は平均5年以上
  生命保険会社の営業担当などは比較的短期間で辞めてしまう人が多いのが現状です。
  でも、保険は加入したら終わりではありません。保険の加入後にも様々な手続きが発生します。
  たとえば、家族構成が変わった時、入院給付金の請求など様々な手続きも引き続き
  相談できるFPと提携しています。
 3.スキルが高い
  来店型(保険ショップ)などの場合は、相談員全員がFPの資格を持ってるわけではありません。
  一方、保険マンモスが提携FPの大半が、AFP・CFPなどのファイナンシャルプランニングの
  有資格者と、MDRTと呼ばれる世界的な金融プロフェッショナル基準の達成者です。
  生命保険について深い見識があることはもちろん、初心者の方にもわかりやすく

  丁寧な応対を心がけているFPばかりなので、納得いくまで相談できます。

■AFP / CFP
 日本FP協会が認定するFP資格で、普通資格「AFP」と上級資格「CFP」に分かれ、
 そのどちらも社会的な評価は高く、特に、CFPは日本国内における唯一の国際FP資格
 として認知されています。どちらも2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。
■MDRT
 世界82ヶ国の生命保険営業職の優績者で毎年構成される国際的かつ独立した組織です。
 MDRTは、資格ではなく世界の保険営業マントップ5%に入る優秀人材であるという称号です。

 

保険は用語が難しく、よくわかりません。

保険について、理解するためにはどうしたら良いでしょうか?

保険マンモスの公式ホームページは、保険に関する様々な情報が満載です。
実際に、他社の無料保険相談サイトと比べて見てください。
保険についての情報が質と量とも違うことがお分かりになると思います。
保険についての最低限の知識を習得するなら、まずは、下記の動画やマンガからご覧ください。
 ●動画でわかる!保険料節約のヒミツ
 ●マンガで分かる保険選びのツボ

電話やメールで相談できませんか?

保険マンモスでも創業時にはメールや電話による相談も試みていましたが、伝えしたい内容が
正確に伝わらず、結果的にお客様にもご満足してもらえなかったという経験があります。
また、相談はお互い資料をみながら行うことが多いため、面談による相談が最も良いと考えています。

無理な保険契約を勧められませんか?

万が一、担当FPからしつこい勧誘があった場合は、保険マンモスに連絡してください。
「イエローカード制」により担当FPの変更、登録抹消などの対応をしてもらえます。
でも、「イエローカード制」は実際には利用されることはほとんどないそうです。

なぜ、FPは無理な勧誘をしないのですか?

FPが無理な勧誘をしないのは、最終的に自分に不利になるからです。
FPは今は保険マンモス経由で仕事をもらっていますが、本音は保険マンモスから
紹介してもらわず、お客さんから直接保険相談してもらいたいと思っているはずです。
保険マンモスに手数料を払わなくて済みますからね。
FPとして、知名度が上がり、信頼されるようになると保険マンモスから紹介してもらわなくても、
自然とお客さんが来てくれます。
それを強引な勧誘して、信頼を失ってしまっては元も子もありません。
だから、誠実な仕事をして、良い口コミに期待しているわけです。

FPを自宅に呼ぶのに抵抗がありますが、自宅でないとダメですか?

自宅以外に、ファミレス、カフェ、FPの事務所などどこでもOKです。
ただし、保険相談では、ご家族のことや家計のことなどプライバシーにかかわる話を
することになります(プライバシーを話さずに満足できる保険相談はできません)。
また、すでに加入している保険がある場合は、保険証券を見せながらの相談になります。
だから、騒がしいところや周囲が気になるところは避けたほうが賢明です。

保険相談をすると、保険に加入しなければいけませんか?

保険の相談したからといって、保険に加入する必要は一切ありません。
担当FPが提案する保険プランに納得でき、本当に必要だと感じた場合のみ加入すれば良いのです。


トップページ サイトマップ